おやこ2人3脚 塾なしで地域トップ高校に受かるまで 本をすきになる♬

子供と全力で楽しみながらコスパ良く子育てがんばりませんか?

子育てに自信を持たせてくれた育児本 佐々木正美先生 松永暢史先生

みなさま

お子さまの年齢は様々だと

思いますが

育児本て読んで

子育てされましたか

 

ひめぐまは

 

1歳になる前に

育児本を読むのをやめました

 

それは何故か???

 

 

かわいいかわいい

ひめちゃんが

 

あまりに個性的過ぎて

食べない

眠らない

歩かない

 

この赤ちゃんらしからぬ

赤ちゃんに

育児本を読めば読むほど

落ち込むからでした(T_T)

 

お心の支えは

佐々木正美先生のご本

 

優しいお言葉に

励まされ

 

出来ないことに

目を向けるより

 

出来ることに

目を向けよう

 

という発想に変わり


赤ちゃんひめちゃんは

本が好き


油断すると

 

小さなかわいい

おててで

 

『むんず』とご本をつかんで

『読んで💕』アピールする時に

 

つるっと手が滑って

本の角が

ひめぐまの顔面に降ってくる

気の抜けない日常でしたが

 

もう少し大きくなると

大好きがどんどん増えていきます

本に加えて

お砂場が好き

お散歩が好き

シャボン玉が好き

パズルが好き

f:id:himegumatan:20200915152406j:plain

 

食べない

眠らない

は大問題でしたが

最低限の量を決めて

それ以上は

諦める。。。

 

幸い病気知らずな

お元気丸だったので

 

ハードル低く

今に至るまで

ほっそりお元気丸路線を

キープしております

 

幼稚園に入る頃には

 

好きがたくさん増えて

とことん

お付き合いさせてもらうママは

体力勝負な世界となってきました!(^^)!

 

佐々木正美先生の

『子どもへのまなざし』

のおかげでブレることなく

ひめちゃんの好きを伸ばして

ママとしての自信もつきかけた頃

 

育児本アレルギーも

なくなり

 

本屋さんで

堂々と育児本と

目を合わせられるように

なってきました!(^^)!

 

良くこちらでも書くのですが

 

ひめちゃんはかわいいけれど

全然真面目な

タイプではないのです

 

やんちゃくちゃ娘で

ひめちゃんの名誉のために

多くは書きませんが

 

おやんちゃひめちゃんの事件簿を

ママ友に語ると

ママ友の爆笑の中心に

ずっといられるくらい

 

豊富な事件簿をお持ちでした

 

 

なので

大真面目に生きるのは

無理だな。。。と

早々に見切りをつけ

 

なんか

素敵な育て方はないものかと

本大好きなひめちゃんと

図書館や本屋さんに行くたび

ちらりちらりと育児本を

覗いていたのでした

 

そこで見つけた

女の子を伸ばす母親はここが違う!

 

こちらのご本

 

女の子は

意外にちゃっかりしてる子が

できる子だよ~とか

 

控え目なことは美徳じゃないよ~とか

 

あらっいいじゃな~い💕

ひめちゃん向き

 

ひめぐまには

厳しい母親が

女の子の主体性を

伸ばしますよ~と

書いてあり

 

 自由過ぎるひめちゃんに

もう少しガミガミ

言った方がいいな!?とか

 

こちらの本に

方向修正をしてもらったり

安心できたり

 

ひめちゃんの子育てを

していく中でとても参考になり

そして励ましてもらった本でした

 

上記にも少しお伝えしましたが

お心にズキューン💕ときた

目次を少しご紹介

  • 親に『かわいい』といわれて育った女の子は勉強ができる
  • 女の子の学力は”先行さきどり”でグングン伸びる
  • 女の子の主体性を伸ばすのは”きびしい母親”
  • あの子は何でできるのか?意外とちゃっかりしている
  • 自由に使えるお金が多いほど、女の子はダメになる

 

 久しぶりに

ご本をめくりましたが

都合のいいところは

本当にこのご本通りに

育ててきたなぁと

あらためて

ひめぐまに

きわめて影響

なご本だったと痛感💕

 

もっともっと

女の子にとって大切?

いえいえ

人として大切なことが

たくさん書いてありますので

お子さんの育て方に迷った時に

手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

うちの本好きのひめぎみは

すでに小学生の時に

奪い返す間もなく

とっていかれ

実はこちらのご本を

一読されています

 

ご感想は

『普通のことが書いてあるね』

とおっしゃっていたので

ひめぐまは

このご本の通りに

育てられたんだなと

ちょっとした自信になったという

何だか変なエピソードもあるのですが

 

ちなみに

読んだことはないのですが

男の子を伸ばす母親はここが違う!

 

 ももちろんあって

女の子と男の子の育て方の違いが

女の子の本にも少し出ていて

男の子に厳しい母親はNGなど

興味深い違いがあったので

男の子のお母さんも

興味がありましたら

手に取ってみてくださいね

 

 育児本は無数にあり

自分の子に合う本を選ぶのが

良いように思います😄


理想の子ども像 

理想の親子像が

書いてあっても



人は千差万別

またそれがとても良いところ

でもあると思うので


理想に子どもをはめる

のではなくて


我が子に出来そうなことが

書いてある本が理想だと


かわいいかわいい

やんちゃくちゃ娘を

必死に育ててみて思った

感想であります😆